サラリーマンのマンション経営。

皆さんは「サラリーマン大家」という言葉を知っていますか、普通のサラリーマンが大家さんになるのです。
新築でも中古でも投資マンションを購入して大家さんとしてその部屋を賃貸に出すのです。
当然、家賃をもらって不動産投資するわけです。
そしてタイミングや価格が高い時に売却して、売却益を出し投資方法です。
若いサラリーマンは、まだまだたくわえがないので、物件購入に関してローンを利用するときもあります。
まるでFXのレバレッジみたいなものです。
ローンを組むことによって、投資効率は格段に良くなってきます。
しかし同時に、返済というリスクが大きくなります。
このように物件を購入してそれを賃貸に出す方法を、分譲賃貸といいますが、若い時からやることによって、より大きな資産形成ができると言えます。
管理料などは、そのマンション所有者の大家さんが払います。
管理組合の総会は、賃借人ではなく大家さんが出席します。
管理費などのコストはこのようにかかりますが、若い時から自分を鍛えるにはいい投資だと言えます。